介護福祉士の平均年収と仕事納めの有無

介護福祉士の働き口は、正規職員として介護福祉施設のほかに社会福祉法人や医療法人、民間の会社の事業所などがあり、雇用形態によって給与に若干の違いがあります。
一般的に介護福祉施設の正規職員で働く場合、月給は手取りが15万から17万円前後となっており、年収は平均すると250万から400万円程度となります。
また介護福祉施設の勤務は夜勤や日曜、祝日出勤などもあり、他の企業が仕事納めとなる年末などもそれは変わらないため、肉体的、精神的な負担が大きな仕事といえるでしょう。
ただ夜勤や休日などは手当てがつき、基本給に上乗せされるため、年末など多くの方が休みをとる時期にあえて仕事納めをしないで働くという方も少なくありません。
一方、事業所の場合は様々な運営母体がありますので、それによって給与体系に違いがありますが、社会福祉法人の場合は都道府県の公務員に準じた給与体系であることも多く、福利厚生や賞与などがしっかりしているところも珍しくありません。
手取りは15万から20万円前後となっていますが、賞与などを合わせると介護福祉施設と比べて平均年収が350万円から450万円程度と若干高くなる傾向にあります。
また事業所はシフトを比較的自由に組むことが出来、仕事納めの概念もきちんとあります。
このように同じ介護福祉士でも介護福祉施設と事業所では働き方に大きな違いがありますが、どちらにしても年齢によって年収が上がっていくということがないのが特徴であり、全ての年代で200万円から400万円程度が平均的な年収となっています。
ただし、今後は高齢化社会がさらにすすむことが予測され、介護福祉士の需要も高まるため、介護業界全体の待遇が改善される可能性があります。